フローリング材としての無垢材と集成材

フローリング材

フローリング材としての無垢材と集成材

主にフローリング材で使われるものとしてあるのが無垢材と呼ばれる素材になります。
これ以外にも集成材と呼ばれるものがありこれは薄くした木を接着剤で貼り合わせることによってブロック状にして、人工的に作られた木材ということになります。
それに対して無垢材というのは自然な材木をそのままの状態で木材加工をしたというものになります。
そう言われますと無垢材の方がフローリング材として格が上というのは何となく分かるでしょうが集合材の方が品質が安定するということになりますので統一された美しさという点においては間違いなく集成材の方が良いです。
しかし、様々な木目を楽しみたいと言うのであれば無垢材にするというのがやり方として正しいと言えるでしょう。
フローリング材ということになりますとまずこの二つのどちらかを選ぶということになりますが値段的には集成材の方が安いです。
加工している分高そうではありますが、一気に作る事ができますので大した手間ではないからです。

お知らせ

一覧